3. お金が減り続けるアーリーリタイヤとお金が増え続けるアーリーリタイヤ

戦略・思考

以下のような記事を見つけたので、27歳くらいから半ばアーリーリタイアしている身として、少し経験則を語ってみます。

・身ぐるみ剥がれた日本人は「海外リタイア生活」の最期に何を見たのか?
http://www.mag2.com/p/money/250304

アーリーリタイアには二種類あります。
貯金が減り続けるアーリーリタイアと、貯金が増え続けるアーリーリタイアです。

普通の人が想像するアーリーリタイアはたいてい前者です。
宝くじ、ギャンブル、FX、株、起業など、なんらかの方法で一発ドカンとあて、一生ぶんの生活費を賄えるくらいのお金を銀行口座にまず貯めます(3億円とか)。
仕事を辞めてからは、貯金を少しずつとり崩しながら余生を送ります。

ただ、このアーリーリタイアの方法は、難易度が高い割に人生の満足度が低くなりがちです。

一過性の出来事で大金を得たからといって、働くのをやめれば当然そこで収入は途絶え、それ以上貯金が増えることはありません。

普通に生活していれば貯金は減っていきますし、何かを買えばやはり貯金が減ります。

貯金だけでその後の人生を生きていかなければならない人にとって、貯金残高≒余命です。
つまり消費とは余命を削る行為です。
何かを買うたびに余命が減っていく状態では、消費すること自体にストレスが伴うため、ついつい欲望をセーブしてしまいがちです。

それに貯金だけで生涯生きていくためには、1年のうちに使っていい金額を寿命から逆算しなければなりません。
例えば現在40歳で2億円の貯金があり、 この貯金だけで80歳まで生きるとすれば、1年の間に取り崩していい金額は500万円です。
(年金や資産運用益などはとりあえず度外視)

しかし、自分があとどれだけ生きるかわからない状態では、毎年使っていい金額について正確な数値を出すことは困難です。
医療技術は日進月歩ですから、今40歳の人が80歳になる頃には、平均寿命はゆうに100歳を超えているかもしれません。
100歳まで生きるとすれば、年間500万は明らかに使いすぎです。
不意な出費もあるでしょうから、安全策をとるなら、年間支出を300万円程度に抑えなければならなくなります。

年間300万(500万でもいいですが)という限られた枠の中で生涯過ごすことを強いられるというのも、なかなか辛いものがあります。
人生のクオリティ(生活水準的な)がおおむね予測できてしまい、上昇の余地がないわけですから。

その平坦さはある意味とても退屈で、ときに人生に閉塞感を覚える原因になるかもしれません。
(例えば若いサラリーマンの多くが将来に希望を持てない理由の一つは、上司の姿や会社の給与体系などから、自分の未来の限界が予測できてしまうためです)

これに対し、貯金が増え続けるアーリーリタイアは、上記のような不安・ストレスは無縁です。

貯金が増え続けるアーリーリタイアとは、現在の口座の貯金残高に頼ったアーリーリタイアではなく、自分が働かなくても安定して入り続けるキャッシュフローに頼ったアーリーリタイアです。
例えば権利収入とか不動産収入、自動化された事業からの収入などですね。

月々のキャッシュフローが生活費を上回った時点で、貯金がさほどなくてもアーリーリタイアが可能です。
月々25万の不労収入があれば、年間300万円程度の生活は維持できます。
これは2億円の貯金を作ることと比べたらはるかに早く、楽です。

貯金が増え続けるアーリーリタイアの場合、貯金残高は余命ではありません。
貯金が最悪ゼロになっても、翌月まで待てば勝手にキャッシュフローが入ってきて残高は回復します。
欲しいものを買って消費しても、月々のキャッシュフロー内の金額にとどめておけば、貯金残高は翌月以降もどんどん増えていきます。
そのため、お金を使うことに対して罪悪感が伴いません。

さらに生活水準をあげたいと思えば、収入を投資に回せばいいのです。
そうすればキャッシュフローが増え、生活の質が上がっていきます。
未来がどんどん良くなっていく予感しかないので、精神衛生も非常にいいです。

そのうち、食べたいものを食べ、買いたいものを買っていてもキャッシュフローを使い切れず、嫌でも貯金が増え続けるステージに入ります。
するとお金が余るからさらに投資し、投資することによってまたキャッシュフローが増えてしまう、というスパイラルがおきます。

この辺りではリスクを分散する余力もできてくるため、収益の安定性も増します。
ちょっとやそっとのことで収益が失われるリスクがなくなるため、長生きも怖くなくなります。

貯金が減り続けるアーリーリタイアと、貯金が増え続けるアーリーリタイアは、実現されるライフスタイルが同じでも、後者のほうが100倍心にゆとりができます。
前者は下降の中で生き続ける人生、後者は上昇の中で生き続ける人生です。
当然後者の方が人生は楽しいですね。

というわけで、アーリーリタイアを目指すのであれば、コツコツ貯金なんかせず、ひたすら不労収入的キャッシュフローの構築に励むことをお勧めします。
1000万円貯金するより、それ使って月10万のキャッシュフローを作るほうがはるかにマシです。

ちなみにアーリーリタイアを目指して物価の安い国に移住するというのは、記事にもある通り、あまり割に合わない行為だと思います。
東南アジアの経済成長は著しく、日本との物価の差はすでに昔ほどありません。
(つい先日も台湾に行きましたが、それほど物価が安いという印象はうけませんでした)

また、生活費を半分にするために、知る人のいない異国の地で、新たな言語や文化を覚えたり、新たな生活を作り上げたりすることと比べたら、日本にいながら収入を倍にするほうが圧倒的に楽だと思います。

PS.

アーリーリタイアについてこんな記事もありました。がくぶる。

・早期リタイアすると「認知力が低下」する可能性がある

PPS.

VALUというサービスが最近人気を博していますね。
いわば個人が株を発行できるサービスです。
僕も公開直後に試しにホリエモンのVALUに数ビットコイン放り込んでみたら一瞬で倍になってウケました。

ブログとかメルマガとかYoutubeとかで情報発信している人にとっては相性のいいサービスだと思うので、発行側になってみるのも面白いと思います。
僕は今のところやるつもりはないですが。

解説記事としてはこちらが参考になるかと。

PPPS.

通りかかったケーキ屋で見つけて思わず買ってしまいました…。
ラズベリーの甘酸っぱさがいい感じです。

ddd


PPPPS.

だいぽん@hamadai1008

こわ。圧倒的な競争を勝ち抜いたご褒美にいただける奴隷生活。http://jona-sanpo.blog.jp/archives/archives/10126128.html55553498.html 

メガバンを退職した僕が新入社員に伝えたい1のこと。 : 週末おんな一人海外ブログ

以前メガバンクに勤めていた・・・という方から凄惨な労災死自殺のニュースを受け寄稿頂きましたので掲載しますこれから新入社員として金融関係にお勤めの方、社会の荒波にもまれ今まさに死んでしまいたい!という衝動にかられている方へ捧げますメガバンクを退職した僕が新

jona-sanpo.blog.jp

だいぽんさんの他のツイートを見る

だいぽん@hamadai1008

みんな、人生にうまくいっていない人たちが語る教訓を守るのが大好きなのだ。人生がうまくいっている人たちが語る教訓を守るほうが断然幸せになりやすいのにね。

19人がこの話題について話しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました