5. 仕事が面倒?じゃあ手を抜けばいいじゃん

戦略・思考

正月が終わってから実家の鳥取に帰省し、
1週間ほどのんびりしてきたのですが、そのうちの数日は、
農家向けのコンサル・ホームページ作成事業をやっている
大学時代からの友人と会っていました。

彼は最近の急激な受注増加でだいぶ忙しい時期らしく、
僕と一緒にいる間も、カフェやファミレスでずっと仕事をしていました。

僕はノートパソコンでちまちま趣味の作曲をしていたのですが、
ふと前を見ると、友人がパソコン画面を見つめながら、
頭をひねってうんうん唸っています。

どうしたの?と訊くと、
お客さんのホームページを作成するにあたり
悩んでいることがあると言われました。


友人はホームページのとある部分を、
見る人が分かりやすいよう綺麗な画像に
置き換えようとしていました。

しかし彼が理想とするデザインを実現するには、
素材を探すのにかなり時間がかかりそうとのこと。

イラスト化するのもいいが、彼自身はイラストを書けないので、
これから外注先を探すことになります。

納期まで日がないので、どうするのがベストだろうと、
あれこれ頭を悩ませていました。


以下、僕と友人の会話。


————————————————————–

僕「じゃあ手を抜けば?」


友人「え、手を抜く?」


僕「うん。手を抜くの。つまり綺麗な画像を作るのをやめて、
その部分をシンプルに文字だけにするの。
そしたらすぐに終わるでしょ」


友人「それはそうだけどさ。
お客さんは僕を信頼して高いお金を払ってくれたのに、
面倒だからといって手を抜くのはちょっと・・・」


僕「じゃあ聞くけど、その部分をシンプルに文字だけで説明するのと、
綺麗なバナーに置き換えるのとで、
農家さんの売上はどれくらい変わると思う?」


友人「・・・売上は、あまり変わらないと思う。伝えることは同じだから」


僕「じゃあ、その部分を綺麗なバナーに置き換えることによって、
ホームページを納品された農家さんの満足度はどれくらい変わるかな?」


友人「・・・全体の中では些細な部分だから、ほとんど変わらないと思う」


僕「その部分を綺麗なバナーに置き換えることによって、
君の収入は増加するだろうか?」


友人「・・・料金は固定だから、別に変わらないね。
外注したらむしろ減るね」


僕「じゃあそれはただの君の自己満足だよね。
そんなに苦しくて、誰のメリットにもならない作業なら、
無理にやらなくてもいいんじゃないの?」


友人「・・・」


僕「何かを頑張るということ、何か一つに集中するということは、
それ以外のものから手を抜くということと同義だよ。
だって君の体力も時間も有限なんだから。

そのバナーをいじくる時間を、ヘッダーとか、商品説明の文章みたいな、
もっと売上に直結する部分のクオリティアップに振り分けた方が、
お客さんの売上は増えるんじゃないかな?

あるいは納期を縮めて、少しでも早くお客さんに納品してあげたほうが、
はるかにお客さんの満足度は上がるんじゃないかな?

商品が一定のクオリティに達した後は、
一件あたりの仕事にかける時間を短縮して、
どんどん新しいお客さんから受注を受けた方が、
助けられる農家さんの人数も増えるし、
君も売上が増えて幸せになれるんじゃないかな?」


友人「・・・分かった! この作業はやらない!」


————————————————————–

結果的に友人はその部分に関して綺麗な画像を作るのをやめ、
極力シンプルな形にして次の作業に移ることにしました。

後日、このホームページを納品されたお客さんの
喜びようは大変なものだったそうで、
すぐさま別の商品のホームページ作成も依頼されたとのことです。

めでたしめでたし。

PS.

僕もよく仕事には手を抜いています。

なにぶんデザインとかプログラミングの知識がないので、
作ったページがダサかったり、表示が少し崩れていたり、
端末によって少し読みにくかったりなんてことは日常茶飯事です。

誤字脱字もそこまで真剣にチェックしていないので、
結構ある方だと思います。

自分でもそうした問題点に気づくことはありますが、
「読めるし別にいいか」
「意図は伝わるし別にいいか」
「それほど影響ない部分だし別にいいか」
といって、さっさと別の作業に進んでしまいます。

それで十分売上がたっているので、
直さなきゃいけないと感じることもありません。


ビジネスの世界では、すべてにおいて満遍なく努力する人より、
重要な部分にだけ力を注ぎ、それ以外は意識的に手を抜ける人の方が、
結果的に早く成功する傾向があります。

融通の利かない完璧主義は成功を遠ざけるので注意しましょう。



PPS.

最近母親がよくiPadで映画を見るらしいので、
一番新しいiPad Proをプレゼントしてみました。

ところがこれの使い方を教えるのにだいぶ苦戦。

iPadを1年以上使ってるのに、
未だにGoogle検索ができないという事実に衝撃を受けました。
(普段は特定のアプリでHuluを見るだけ)


その他にも、「YouTube」を聞いたこともないという母親に
YouTubeの意味から教えたり・・・。

外出中も「iPadが使えなくなった!」と電話がかかってきて、
“ホームボタン”を教えるのにまず10分近くかかりました。
(画面の下に丸いボタンがあるといったら、
「ない!」の一点張り。ないわけがない)

知的好奇心も向上心もなく諦め癖もついている高齢者に、
新しいことを覚えさせるのはなんと難しいことか・・・(/ _ ; )


PPPS.

我が家にようやくPSVRが降臨しました。

手に入れたいなーと思いながら、いつも予約受付開始後即完売で、
全然手に入れられなかったので、
仕方なく転売ヤーから割高で買いました。

早速友人たちと盛り上がりましたが、これはすごい技術ですね。
ヘッドホンをすれば完全に異空間を体験できます。

IMG_2155 (1)
IMG_2156

酔ってしまうので慣れるまでは長時間プレイできませんが、
最近のテクノロジーの凄さを実感させられました。

これでさらに画質が良くなって、
触感や嗅覚まで再現されるようになったら、
完全に脳味噌トリップしますね。

戻ってこれない人が続出しそうです。

自分磨きサークル
ブログを更新したらここで報告
ブログランキング応援サークル

コメント

タイトルとURLをコピーしました