イーサリアムについて

イーサリアムは、ビットコインと同様に代表的な仮想通貨です。

しかし、その仕組みはビットコインとは異なります。

ここでは、イーサリアムについて、ビットコインとの違いを中心にご説明いたします。

イーサリアムの基本構造

イーサリアムの基本構造はビットコインと似ていますが、違う部分も数多くあります。

イーサリアムとビットコインの主な違いを比較してみます。

項目 イーサリアム ビットコイン
発行通貨量上限 未定  2,100万BTC
マイニング方式 Proof of Work Casper Proof of Work
スマートコントラクト あり なし
ブロック生成時間 およそ15秒~17秒 およそ10分

それぞれの項目について、順に確認いたします。

特に「ブロック生成時間」を中心に掘り下げていきます。

イーサリアムの通貨発行量上限

ビットコインは、2,100万BTCまで発行されることが決まっています。

すなわち、2,100万BTCまで発行が完了した後は、使用可能なビットコイン量は徐々に減少することになります。

その理由は、以下のユーザーが多数いると予想できるからです。
・ ウォレットを紛失してしまい、バックアップもない
・ スマホやパソコンを壊してしまい、バックアップもない
・ ビットコイン所有者がなくなり、遺族は、そのビットコインの存在を知らない
・ その他いろいろ

一方、イーサリアムは最大発行量は、決まっていません。

今後決定されることでしょう。

・ 2014年に、6000万イーサ(Ether:イーサリアムというシステム内の通貨)を発行
・ 同時期に、1,200万イーサを開発者用ファンドとして発行
・ 1ブロック作られるごとに、5イーサが新規にマイナー(採掘者)に配られる
・ いわゆるuncle(おじさん)にも、2~3イーサが時折り割り当てられる

私たちは「イーサリアム(Ethereum)」と言いますが、正確にはイーサリアムはシステム全体の名称です。

そのシステム内で使われる仮想通貨がイーサ(Ether)です。

しかし、ここではイーサリアムという表現を使用させていただきます。

イーサリアムのマイニング方式

イーサリアムのマイニング方式はProof of Workですが、変更される予定です。

その名をCasper(キャスパー)といいます。

Casperは、Proof of Workよりも効率的なシステムになる見込みです。

マイニングプールのシェア

ビットコインのマイニング争いが熾烈を極めるようになると、マイニングプール運営者は有利な環境を求めて、アルトコインのマイニングを始めるようになります。

その結果、イーサリアムのマイニング競争も大変厳しいものになっています。

下のグラフは、マイニングプールのシェアを示しています。

これは、2018年3月5日時点のものです。

数多くのマイニングプールが争っていますが、上位5つの寡占状態です。

では、マイニングプールに参加する場合、この5つから選べばよいでしょうか。

実は、必ずしもそうとは言えません。

〇 大きなマイニングプール:参加者が多いので、マイニングに成功しても報酬が少ない
〇 小さなマイニングプール:マイニング成功確率は低いかもしれないが、参加者も少ないので、高めの成功報酬を期待できる

マイニングプールへの参加を検討する場合、シェアの大きさよりも、システムの使いやすさや運営者の健全性などを重視すべきかもしれません。

スマートコントラクト

スマートコントラクトは、イーサリアムを説明するときに頻繁に用いられる言葉です。

ビットコインでは、「どのウォレットから、どのウォレットに送金したか」という情報が記録されます。

スマートコントラクトとは、送金情報に加えて、様々な情報を追加して記録できる機能です。

送金情報だけでないというのは、とても便利です。

今後、イーサリアムを利用した様々なシステムが開発されていくことでしょう。

イーサリアムもビットコインも、ブロックチェーンを基本構造としています。

それをイメージ図にしています。

ブロックチェーンの仕組み図

このブロック一つ一つを作るための時間が、イーサリアムとビットコインでは大きく異なります。

ビットコインはおよそ10分かかるのに対し、イーサリアムは15秒から17秒くらいです。

ブロック生成時間が短いほうが、ユーザーとしては利便性が高いです。

送金に要する時間が短くなるからです。

このブロックを作るための作業を、マイニングと言います。

イーサリアムでもビットコインでも、このマイニングに成功すると報酬をもらえます。

そこで、世界中の人々がマイニングに挑戦しています。

すると、世界のどこかで、ほぼ同時に異なるブロックが作られる場合があります。

この場合、ビットコインは下の図のようにして短いブロックを捨てます。

短いブロックをマイニングした人は、報酬が全くありません。

しかし、イーサリアムの場合、単純に短いブロックを捨てるという方法を採用すると、少々困ったことになる可能性があります。

問題点として、2つが挙げられています。

イーサリアムの問題点

問題1:無駄な作業の発生

短い時間でブロックが作られるとはすなわち、マイニングのために必要な計算式がより簡単であるということです。

すると、世界の複数のコンピュータで、マイニングが同時に成功するという例が多くなります。

実際に、ほぼ同時にマイニングが成功する例は、ビットコインよりも多くなっています。

すると、ブロックチェーンの一部として採用されず、不採用になるブロックが数多く出ることになります。

この不採用のブロックに関連する作業が無駄となります。

また、(ビットコインと比較して)容易にブロックを作れるので、セキュリティレベルも少々不安でしょう。

問題2:マイニングの集中化

あるマイナー(採掘者)が、マイニングに成功したとします。

成功したマイナーは、その情報を世界中に公開します。

そして、その情報を受け取った別のマイナーは、改めてマイニングを開始します。

すなわち、「先にマイニングに成功した人は、他の人よりも(わずかですが)先に、新たなマイニングを始められる」ことになります。

これはビットコインでも同様ですが、ビットコインの場合はこの問題が顕在化しません。

というのは、マイニングに要する時間が平均で10分になる設計なので、このスタートの差は誤差の範囲として無視できるからです。

しかし、イーサリアムの場合はそうはいきません。

1回のマイニングに要する時間が15秒~17秒ですから、スタートのわずかな差が決定的な差になりかねません。

すなわち、特定のマイナーが全てのマイニングを支配しうることになります。

マイニングに関する問題点の解決方法

これらの問題を解決するために、イーサリアム独自のマイニングルールがあります。

イーサリアムは、マイニングおいてuncleも使用します

uncleを採掘したマイナーにも、採掘報酬を付与します。

ビットコインでは、不採用になったブロックは単に捨てられるだけです。

イーサリアムでは再利用することで、無駄となる作業を減らしつつセキュリティを高めています。

イーサリアムは拡張性が高い

イーサリアムはその「拡張性の高さ」でも有名です。

具体的には、トークンを作りやすい仕組みになっています。

イーサリアムという仮想通貨の仕組みを使って、その上にいくつものトークンが作られています。

イーサトークンのイメージ

トークンは、仮想通貨の一つです。

イーサリアムにおいては、その仕組みが少し独特だということです。

このトークンは、世の中にはいくつあるでしょうか。

ビットコインを使ったトークンというものも当然あります。

ブロックチェーンを使って、トークンをいくつも作ることができます。

イーサリアムがベースとなるトークンの数

イーサリアムを基礎にしたトークンの数を調べるために、coinmarketcap.comのデータを確認いたしました。


(データ取得日:2018年1月19日)

イーサリアムのトークンシェア

時価総額が大きな順に並べたものですが、赤枠部分をご覧ください。

どの仮想通貨をベースにして作ったトークンか?が判ります。

ほとんどのトークンが「Ethereum」です。

「Ethereum」は、イーサリアムのことです。

トークンを作る技術者から見て、いかにイーサリアムが使いやすいかが良く分かる結果です。

ちなみに、coinmarketcap.comの一覧に出てくるトークンの総数は540種類ですが、イーサリアムをベースにしたトークンは436種類です。

率にして80%以上のトークンがイーサリアムをベースに作られております。

今後も、イーサリアムを土台にしたトークンが数多く作られると予測できます。

イーサリアムは、国内取引所のBITPointとBitFlyerにて購入することができます。

ビットポイント(BIT Point)の口座開設方法

仮想通貨の取引所で口座を作る場合、メールアドレスだけで作れることが一般的です。 円の入出金などを伴う取引をしたい場合は、本人確認の手続きが必要です。 しかし、ビットポイント(BITpoint)は、口座開設の段階で本人確認を行います。 円を入金してビットコインを売買するユーザーにとっては、ビットポイントは口座開設手続きが一度で完了するので便利です。

ビットフライヤー(bit Flyer)の口座を開設する方法

ビットフライヤーは2014年にサービスを開始した日本でも最大規模の取引所で、ユーザー数・取引量共に日本最大級です。 取引所の中でも最初にCM放送を行ったり、代表の加納裕三さんが日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めたりと、仮想通貨取引所の中でも知名度・影響力が高い取引所となっています。 ビットフライヤーをお勧めできる理由: 1.ビットコイン取引量日本一 2.セキュリティ世界一 …

 
 
仮想通貨に関するもっと詳しい情報を入手できます。
下記の「仮想通貨メルマガ」にご登録をお願いいたします。
「仮想通貨メルマガ」の登録はこちら

すべては、無料視聴アカウントの作成からはじまります↓↓↓ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報




起業家・経営者を育成するための
オンラインスクールをご紹介ください

あなたが紹介した方が、メールアドレスを登録すれば、1万円。
その後、お試し0円スクールに参加すると、更に3万円(計4万円)
登録者も学習奨励金1万円とセミナー51時間を手にできます。
次世代起業家育成セミナー[特別編]
~時短起業で最短・最速・リスク0で起業する~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA