ハードウェアウォレットの仕組み

 ハードウェアウォレットとは?

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

ハードウェアウォレットは、コールドウォレットのひとつで、秘密鍵をインターネットから隔離したオフライン上で管理し、その管理先を特定のデバイスに保管するものです。

ハードウェアウォレットには、ビットコインが入っていると思っている方もいますが、実はそうではないのです。

ハードウェアウォレット自体にビットコインやイーサリアム、リップルといったコインがそのまま入っているのでなく、そういったウォレットアプリの仮想通貨にアクセスできる秘密鍵が暗号化されたデータとして入っているのです。


(Hardware Walletから転載)

ハードウェアウォレットには秘密キーが入っています

ビットコインは、各ハードウェアウォレットのビットコインウォレットの送金用アドレスと、ハードウェアウォレット本体の秘密キーがあって初めてデータとして認識されます。

パソコンのアプリのビットコインウォレット自体にビットコインが入っているわけではなく、アプリと本体の秘密キーがあって初めてビットコインのデータにアクセスできるのです。

そのため、ハードウェアウォレットをアプリで開いても、本体を接続してPINコードを入力しない限り、ハードウェアウォレットの中身にアクセスすることはできません。

多くの方が、「ハードウェアウォレット本体にビットコインのデータをまるごと保存している」と勘違いしています。

USBを繋ぐハードウェアウォレット本体には、ビットコイン自体は入っておらず、ビットコインにアクセスできる秘密キーが暗号化されたデータとして入っています。

ハードウェアウォレット本体自体は、USBメモリとは違いビットコインなどの仮想通貨情報が直接保存されているわけではありません。

そのため、ウィンドウズのパソコンでよくあるUSB接続メモリの安全な取り出しといった作業は必要なく、本体は気軽に抜き差しできます。

ハードウェアウォレットにはビットコインそのものではなく秘密キーが入っている


(Hardware Walletから転載)

ビットコインの送受金は、ビットコインのアドレス(公開キー=長い文字列のウォレットID)と秘密キーが一致しないとできません。

そのため、秘密キーをハードウェアウォレットに保管して、物理的にインターネットの通信環境から切り離しておきます。
これが、このハードウェアウォレットの役割です。

秘密キーを初期化すれば、LedgerでもTREZORでも新しい秘密キーがその都度生成されます。

1台の本体で秘密キーを分けて保管すると、使用の都度初期化⇒リカバリーを繰り返す必要がありますが、一人で秘密キーを分散しておけば、何十個も本体を持つ必要はないのです。

取引所には秘密キーがあります。

秘密キーがあるから取引所から送金ができるのですが、私たちは取引所の自分の口座の秘密キーを知ることはできません。

取引所の仮想通貨は自分のものではない?


(Hardware Walletから転載)

ハードウェアウォレットにはビットコインそのものではなく秘密キーが入っています。

上図は、コインチェックのライトコイン送金時のトランザクションです。

取引所のトランザクションを見るとわかりますが、一つのアドレスで大量の仮想通貨を保有しています。

わかりやすいライトコインの取引履歴ですが、取引所に仮想通貨を置いておくということは、このコインチェックの公開アドレスの一部であるということです。

そのため、この取引所のアカウントが狙われて全部盗まれてしまったら、あなたの仮想通貨自体が失われます。

取引所の管理画面では自分の購入した仮想通貨の保有数は確認できますが、管理されている実態は多くの資産を保有するアドレスの一部にすぎないのです。

取引所は送金前の状態では一人一人のために公開キーを細かく振り分けて用意をしていません。

取引所から送金して着金して初めてあなたの公開キーが有効となり、あなたの取引所の資産が本当の意味であなたのものになります。

ハードウェアウォレットの仕組みを理解していないとビットコインを盗まれる?

ハードウェアウォレットの仕組みで大事なのは、秘密キーの理解です。

LedgerもTREZORもKeepkeyもそうですが、24の単語がリカバリーフレーズという秘密キーとなっています。

この秘密キー自体もハードウェアウォレットの中でさらに暗号化されています。

この秘密キーが万が一でも他人と同じものになるということはあり得ません。

なので、秘密キーはあなただけのものです。

そして、この秘密キーと公開キーをあなたがペアで所有することで、はじめてビットコインがあなたの管理下におかれます。

ハードウェアウォレットを無くしても、秘密キーさえあれば大丈夫というのはこの理屈です。

大事なのはハードウェアウォレット本体そのものよりも秘密キーなのです。

ここをきちんと理解できていないと、他人に秘密キーを盗まれ、仮想通貨資産を盗まれます。

ハードウェアウォレットに入れていたのにビットコインを盗まれた?


(Hardware Walletから転載)

初期設定が済んでいるハードウェアウォレットを使ってはダメ!!

ハードウェアウォレットを悪用した詐欺や犯罪がすでにあります。

たとえば新品のハードウェアウォレットを買ったら、中にPINコードが入っていた。

それを入力して、ビットコインをハードウェアウォレットに入れました。

翌日、ハードウェアウォレットのウォレットを開いてみたら、入れたはずのビットコインがなくなっていた。

という事件がすでに起こっています。

なぜ盗まれたか?お分かりでしょうか?

これはハードウェアウォレットの故障でもハッキングでもありません。

あらかじめ仕組まれていた犯罪です。

それに引っかかってしまったのは、その人がハードウェアウォレットの仕組みを理解していなかったためです。

ハードウェアウォレットは、LedgerでもTREZORでもKeepkeyでも他のメーカーのなんでもそうですが、秘密キーさえあれば同期が可能です。

PINコードが入っていたという時点でおかしいと気づかないといけません。

要は、初期設定が済んでいて、秘密キーの書取りも終わった状態のウォレットだったということです。

秘密キーさえあれば、何台でもハードウェアウォレットがあれば同期できてしまうので、初期設定が終わっているウォレットはあなたものもではないということです。

初期設定は必ず自分で行う必要があります。

この状態でビットコインやその他の仮想通貨資産を盗まれた場合ハードウェアウォレットの会社の責任ではなく、あなたの責任です。

ハードウェアウォレットが壊れていたわけでもなく、ハッキングされていたわけでもないのです。

手元に届いた時点であなたのものではない状態だったということです。

ハードウェアウォレットの仕組みが分かっている正規店から買いましょう

ニュースでも話題となっていましたが、アマゾンの返品・返金サービスを悪用し、商品をコンビニで受け取り、DVDやゲームソフトなどの中身を海賊版と入れ替えたり、中身を抜き取った状態した上で、シュリンク(透明のビニールの梱包)をかけなおして、アマゾンに返金してもらうという犯罪行為があります。

アマゾンの倉庫から出荷されるFBAという出品形態ではまだこの犯罪の対策ができていません。

要は、新品未開封として返品された商品は他の新品と同じ在庫扱いになり、誰にその中身が入れ替わった商品が届いてしまうか?わかりません。

同様のことを、ハードウェアウォレットでやられてしまったら本当に恐ろしいことです。

製品にPINコードが書かれたメモが入っており、ハードウェアウォレットの仕組みを理解できていない方が(自分で初期設定をせずに)そのまま使ってしまったら?

また、こういったハードウェアウォレットの仕組みを理解していない販売者も多く、アマゾンでは転売も頻繁に行われております。

ゲームやDVDなら、商品代金の泣き寝入り被害で終わりです。

しかし、ハードウェアウォレットに関しては、それだけにとどまりません。

なので、購入する側もそういった予備知識がないと簡単に騙されて、ビットコインを盗まれてしまう危険があるのです。

ハードウェアウォレットの仕組みが理解できると応用が利く

ハードウェアウォレットは実際に使ってみないとわからないこともたくさんあるので、まずは正規代理店から買いましょう。

実際に手に取って、自分で初期設定からやってみて、使い慣れることが大事です。

いろんなところで使ってみたり、いくつかの違う種類の仮想通貨を保管してみることで、ハードウェアウォレットの仕組みを感覚的に理解できてくると思います。

最初からすべて理解するのはむずかしいですが、手に取ってみて初めてわかることも多いはずです。

秘密キーさえあれば、ブロックチェーンにアクセスするプラットフォームの不具合があっても、慌てることはないということもわかるはずです。

使い慣れてみると、ハードウェアウォレットの利便性や安全性に気づくことができます。

まずは、ある程度のハードウェアウォレットの仕組みを理解し、仮想通貨を保管してみましょう。

ビットコインだけでなく他の仮想通貨も対応となる新しいハードウェアウォレットがさまざまな形態ででてくることになります。

ブロックチェーンもまだ発展途上で、これからまだいろいろな課題を抱えています。

そのため、ハードウェアウォレット自体のアップデートがあったり、選択肢が変わったりといったことがあります。

それは仕方のないことです。

どこのメーカーのものだから面倒なことはない、使い勝手がいいとはいいきれません。

TREZORにしてもLedgerにしてもKeepkeyにしてもそれぞれ一長一短があります。

ハードウェアウォレットという機械自体この世にできたばかりなのです。

よくわからないことがあって当たり前ですし、予期せぬことがあるのは当然です。

しかし、取引所に置いておく場合のハッキングの心配はなくなります。
(問題はその後の秘密キーや本体の自己管理です。)

最後に

銀行はお金の保管場所たリ得えますが、取引所は仮想通貨の保管場所たり得ないのが現状です。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)



起業家・経営者を育成するための
オンラインスクールをご紹介ください

あなたが紹介した方が、メールアドレスを登録すれば、1万円。
その後、お試し0円スクールに参加すると、更に3万円(計4万円)
登録者も学習奨励金1万円とセミナー51時間を手にできます。
次世代起業家育成セミナー[特別編]
~時短起業で最短・最速・リスク0で起業する~







免疫と自然治癒力のしくみ

このサイトによれば、「免疫と自然治癒力のしくみ」とその重要性を理解していただけると思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA