ICOとは何でしょうか?

仮想通貨の世界では、ICOが盛んです。

仮想通貨の一分野として確立したといえるほどです。

1. まず「ICOとは何か?」を理解する必要があります。

ICOは、何かプロジェクトを実行するために、一般の人々から資金を集める手段です。

円や米ドルなどの法定通貨ではなく、仮想通貨で集めます。

ICOは Initial Coin Offering の略です。

似た言葉にIPOがあります。

IPOは Initial Public Offering の略です。

IPOは、法定通貨を集める手段であり、東京証券取引所などに株式を上場します。

上場すれば、その企業は一般から広く資金を集められます。

IPOでは、上場株式会社が新株や債券を発行して資金を集める場合、厳格な手順があります。

その手順に違反すれば、厳しい罰則が待っています。

未公開株詐欺というものがあります。
「今、上場前で安いから買っておけ、上場したら必ず高騰する」と勧誘されますが、この場合永久に上場されません。

ICOの安全度

ICOとIPOは、いずれも「資金を集める」ための仕組みです。

しかし、その規制レベルは桁違いです。

IPOは審査がとても厳しいです。

優良なIPOはいずれ上場されます。

一方、ICOは未だ審査制度などは確立していないですから、信用できる取引所などで取引が開始される前は無価値と思うべきです。

また、ICOを直接規制する法律はありません。

仮想通貨法は、ICOを直接的に規制しておりません。

このようなわけで、詐欺的なICOや、実質的な内容が乏しいICOが乱立しております。

2. それでもICOに関心がある場合は?

ICOは、一般論としてはIPOよりもはるかに危ういものです。

しかし、だからこそ、ICOは莫大な可能性を秘めているとも言えるのかもしれません?

たとえば、イーサリアムはアルトコインと呼ばれる仮想通貨なのですが、この仮想通貨はICOとしてスタートしております。

今では誰もが注目しているイーサリアムも、初めはICOだったわけです。

第2、第3のイーサリアムを求めて、多くの者がICOについて徹底調査・研究を行っているわけです。

3.では、どのようにして調査・研究するのでしょうか?

(1)ホワイトペーパーを読み込む
(2)不明点について、事業者に照会する
(3)事業者に直接会って、意見交換する
(4)ホワイトペーパーに書いてある事業協力者に連絡を取り、ホワイトペーパーが事実か確認する

(1)ホワイトペーパー

ICOをするに当たり、事業者はホワイトペーパーという文書を公開します。

「どういう事業をしたいからICOをします」という内容が書いてあります。

読んでみると、「こんな内容で資金を集めてもいいの?」というくらい、内容が浅い場合があります。

何十億円というレベルで資金を集めようとしているのに、財務や法務関連についてほとんど書いていない場合もあります。

海外からの報告を見ますと、ICOで資金を集めたけれども事業が進んでいない、という例も見つかります。

要するに、未来に向かって野心的で魅力的なICOがある一方、「これはちょっと・・・」というものも混じっています。

(2)ないし(4)について

ここでは、(2)ないし(4)について、具体的なアドバイスはできません。

ただ、「ICOに取り組むのであれば、慎重に取り組まなければなりません」と述べるに止めさせていただきます。

多くのICOにおいて、公開当初は、きわめて好条件でその仮想通貨を入手できます。

しかし、そのICOが上場されるまでは客観的には無価値です。

私であれば、どんなに有望で好条件のICOを見つけたとしても、当初から10万円以上の購入をするほどの勇気はありません。

勿論、あなたが素晴らしいICOを見つけたと確信するならば、このアドバイスは無視してください。

このアドバイスで、あなたがビックチャンスを失うこともあります。

4.ICOで投資する方法

ICOで投資する一般的な方法をご紹介します。

(1)事業者がICOする旨を、ウェブサイト等で公開します。

(2)読者はホワイトペーパー等を読み、投資すべきか?否か?を決めます。

(3)イーサリアム等を使って、ICOで発行される仮想通貨を購入します。
「プレセール」期間中に買うと、通常よりも安く買えることが多いです。

詐欺的なICOでなければ、セール期間終了後特定の取引所等で売買できます。

売買が可能になったからといって、その仮想通貨が必ず高騰する補償はありませんが…

こうしてみると、いくつか気づくことがあります。

その1:プレセールで買うのがお得

事業者はプロジェクトがあるけれど資金が十分でないから、ICOを行います。

よって、少しでも早く資金が欲しいのです。

その要請に応えて早く資金を出してくれる人には、有利な内容で仮想通貨を売ってくれます。

これが「プレセール」です。

その2:取引所に上場するか?

誠実なICOであれば、セール期間終了後その仮想通貨を取引所で売買できます。

取引所で仮想通貨が売買できるようになることを、上場と言います。

上場されるかどうかが、ICO投資で大変重要なポイントになります。

というのは、ICOに投資したけれど、お金が必要になったから売ろうという場合、取引所に上場されていないと自由に売れません。

また、上場されていれば、価格が上昇したから売って利益を確定しよう!ということができます。

よって、「ICOの後、日本国内の取引所に上場する可能性があるか」も、あわせて確認したいです。

なお、上場する取引所が金融庁登録をしていない場合は、警戒が必要です。

その取引所が日本の法律に従うと期待するのは、難しいからです。

上場しない場合は、購入した仮想通貨を換金する方法を確認しなければなりません。

4.ICOに投資すれば儲かるか?

残念ながら、そのICOの事業が成功するかどうか、その結末は誰にも分かりません。

IPOで上場する会社が期待通りに発展するかどうか、事前には分からないのと同じです。

この部分は、投資なので割り切って考える必要があります。

投資は、得することもあれば損することもあります。

ICOに自分の資金を投入する場合は、「その事業が成功せず資金が失われても仕方がない」と覚悟する必要はあります。

5.ICOで成功するためには、少なくとも仮想通貨について学ぶ必要があります。

仮想通貨について、詳細に解説してくれている「無料動画」がありますので、先ずこれで学んでください。

先ず、上記リンクから無料登録してください。
たくさん貰える無料プレゼントの一つとして、
「デジタル通貨セミナー」があります。

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報




起業家・経営者を育成するための
オンラインスクールをご紹介ください

あなたが紹介した方が、メールアドレスを登録すれば、1万円。
その後、お試し0円スクールに参加すると、更に3万円(計4万円)
登録者も学習奨励金1万円とセミナー51時間を手にできます。
次世代起業家育成セミナー[特別編]
~時短起業で最短・最速・リスク0で起業する~







免疫と自然治癒力のしくみ

このサイトによれば、「免疫と自然治癒力のしくみ」とその重要性を理解していただけると思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA