リップルについて

日本でも、リップル(XRP)の売買ができる取引所・販売所が増えてきました。

では、リップルとはどのような仮想通貨でしょうか?

ここでは全体像をビットコインと比較しながら把握します。

ビットコインは外、リップルは内

ビットコインが世の中に出てきたきっかけは、2009年に公開された一つの論文です。

この論文に、ビットコインの根本的な思想が記載されております。

ザックリと説明しますと、以下のとおりです。

1.金融機関を経由する支払いはコストがかかりすぎる
2.支払いたい人、受け取りたい人が直接やり取りすれば良い
3.ビットコインは、直接やり取りにするために作られた

すなわち、現在の銀行システムの外に、新しい送金・支払いシステムを構築しようという思想です。

この話が大きくなって、通貨を発行している国に干渉されず理想的だという流れになっていきます。

リップルの思想

リップルはビットコインと同じ仮想通貨です。

しかし、思想がまったく異なります。

現在の銀行システムや通貨システムをより効率的にしようという意図で開発されています。

例えば、円を日本から海外に送金し、海外の受取りは米ドルにしたい場合を考えてみます。

現在は、以下の通りの流れになります。
1.日本の銀行に支払いを要請する
2.日本の銀行は、送金手続きをする
3.必要に応じて、中継銀行を挟む
4.着金先の銀行に入金される

このプロセスは、時間がかかるうえに送金手数料が高いです。

IT時代になって、電子メールが瞬時に相手に届き、インターネットによりリアルタイムで多くの情報が流れています。

より速いビジネスが必要とされているのに、送金だけはIT時代よりも前の方法が使われています。

リップルは、このシステムをIT時代にふさわしいものにしようとしています。

ビットコイン:現在の銀行システムの「外」で活路を見出す
リップル:現在の銀行システムの「内」で活路を見出す

同じ仮想通貨でも、ビットコインとリップルは、思想が正反対であることが判ります。

ちなみに、リップルとはシステム全体のことを指し、リップル内で流通する仮想通貨をXRPと表現します。

私たちは、このXRPを取引して収益を目指す場合が多いでしょう。

リップルの特徴

リップルとビットコインは、思想そのものが正反対だと判りました。

では、リップルとビットコインには、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

この違いを確認すれば、リップルの特徴がはっきりと見えます。

特徴1:開発者
リップル:Ripple社
ビットコイン:誰でも開発可能

リップルは、Rippleという会社が開発しています。

ただし、Rippleが自由気ままに開発しているのではありません。
銀行システムを効率化する目的ですから、世界の数多くの銀行がシステム開発に協力しています。

また、Googleが資本参加しています。

一方、ビットコインは誰でも自由に開発できます。

高い技術が必要ですが、誰でも開発できます。

そこで、いくつかのグループに分かれ、意見を交換しながら開発されています。

これは、どちらが良い・悪いというものではありません。

そういう仕組みで動いているということです。

ただし、ビットコインは各グループの思想が激しくぶつかる場面があります。

これが悪い方向に出てしまう場合、ビットコインの分裂や開発の停滞という結果になってしまいます。

特徴2:マイニング

リップルには、マイニングによる通貨の追加発行はありません。

というのは、最初から全数量(1,000億XRP)が発行されているからです。

ビットコインはマイニングによって徐々に通貨供給量が増えていきます。

では、送金を承認する仕組みはどうなっているでしょうか?

リップル:バリデート
ビットコイン:マイニング

ビットコインは、マイニングによって送金を承認しています。

リップルは、バリデートという仕組みを採用しています。

バリデートとは、送金内容を承認する仕組みです。
(「リップル版マイニング」という表現が分かりやすいかもしれません)

バリデートする人(バリデーター)のすべてを、リップル社が把握しています。
この点で、誰でもマイニングできるビットコインとは大きく異なります。

特徴3:性能

リップルはビットコインよりも新しい仮想通貨です。

したがって、リップルの性能の方が高いのです。

その性能の違いを、確認します。

送金能力

リップルの送金能力の高さは一目瞭然です。

リップルの送金能力図

上の画像では1,500件/秒の送金能力とありますが、これを万の単位まで引き上げることが可能です。
すなわち、クレジットカードと同等の送金能力を持ちうることになります。

ビットコインは送金能力が低く、混雑や送金手数料の高さが問題です。

リップルには、このような問題が存在しないということです。

電力消費

リップルのホームページでは、「安定性」について下記4つが説明されております。

この中で、ビットコインと最も異なるのは赤で囲った部分「消費電力」でしょう。

リップルの消費電力図

リップルを維持するための消費電力は、極めて小さいです。

一方、ビットコインのマイニングで消費される電力は、小さな国家の総消費電力に相当するほどです。

リップルの今後

以上概観しました通り、リップルは銀行送金の古いシステムを改善し、送金能力が極めて高く、消費電力は極めて小さいという特徴を持っています。

Ripple社が世界中の銀行と協力しながら開発を進めており、近い将来、送金システムを大きく変えるかもしれません。

すると、ビジネスの足かせとなっていた部分が大きく改善され、ビジネスの展開も変わってくる可能性があるのです。

すなわち、リップルが世界全体の経済インフラを支える重要な役割を担う可能性があります。

実際にどうなるかについては、今後の展開を見守る必要があります。

しかし、単なる仮想通貨の枠を超えて、私たちの生活に欠かせないものになるかもしれません。

リップルを購入できる取引所・販売所

最後に、リップルを売買できる取引所や販売所を確認しておきます。

取引所・ 販売所
1. bitbank.cc
2. BITPoint
3. GMOコイン
4. DMM Bitcoin

取引所・販売所の特徴

各取引所・販売所の口座開設方法を紹介いたします。

1. bitbank.cc

bitbank.ccは取引所ですので、板情報(売り板・買い板)を使った売買が可能です。

また、チャート画面が大きいのが特徴です。

大画面チャートで取引機会を狙いつつ、画面切り替えなしで発注可能です。

すなわち、画面切り替えしている間に取引チャンスを逃すという失敗をしなくても済みます。

ビットバンクの口座の作り方

ビットバンク(bitbank.cc)の口座開設は、ビットバンクの公式ページから行うことができます。

2. BITPoint

BITPointも取引所です。

よって、板情報を使いながら売買できます。

仮想通貨の引き出しにかかる手数料が無料なのが特徴です。

このため、別のウォレット等に送金したい場合に重宝します。

送金手数料を考慮しながら買う必要がないためです。

ビットポイント(BIT Point)の口座開設方法

仮想通貨の取引所で口座を作る場合、メールアドレスだけで作れることが一般的です。 円の入出金などを伴う取引をしたい場合は、本人確認の手続きが必要です。 しかし、ビットポイント(BITpoint)は、口座開設の段階で本人確認を行います。 円を入金してビットコインを売買するユーザーにとっては、ビットポイントは口座開設手続きが一度で完了するので便利です。

3. GMOコイン

リップルの現物取引が可能です。

すなわち、リップルの入出金が可能です。

売買手数料は無料、入出金手数料も無料です。

また、円の即時入金ができるのが特徴です。

銀行から入金手続きすると、その場でGMOコインの口座に残高が反映されます。

「今買いたい!」というときに重宝します。

GMOコイン口座の作り方

GMOコインは、GMOインターネット(東証一部上場)グループに属しています。 GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、 堅牢なセキュリティと管理体制のもと、 安心してビットコインのお取引ができる環境を提供しております。

4. DMM Bitcoin

DMM Bitcoinでは、リップルのレバレッジ取引が可能です。

レバレッジ取引ができるのはビットコインのみという取引所が少なくない中、とても貴重な存在です。

午前7時の時点でポジションを持たないデイトレードをすれば、無料で取引可能です。
(なお、午前7時にポジションを持っているとレバレッジ手数料が必要です)

DMM Bitcoinの口座の作り方

2018年1月11日から口座開設の申し込みがスタートしています。 2017年12月1日に仮想通貨交換業者として認定されています。 DMM Bitcoinは、ビットコイン以外の取扱通貨(アルトコイン)が数種類あります。 PC版だけでなくスマホアプリでも、豊富なチャートが使える専用ツールが用意されています。 レバレッジ取引(FX)も可能で、取引にかかる手数料はほぼ無料です。

 
仮想通貨に関するもっと詳しい情報を入手できます。
下記の「仮想通貨メルマガ」にご登録をお願いいたします。
「仮想通貨メルマガ」の登録はこちら
 

ブロトピ:サプリメントとスキンケア

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日のブログ更新




起業家・経営者を育成するための
オンラインスクールをご紹介ください

あなたが紹介した方が、メールアドレスを登録すれば、1万円。
その後、お試し0円スクールに参加すると、更に3万円(計4万円)
登録者も学習奨励金1万円とセミナー51時間を手にできます。
次世代起業家育成セミナー[特別編]
~時短起業で最短・最速・リスク0で起業する~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA