ビットコインは仮想通貨の基軸です

ビットコイン

ビットコインとは

ビットコインはインターネット上でのみ使うことができる通貨で、現物がない通貨ゆえに「仮想通貨」とか「暗号通貨」と呼ばれています。

ビットコインの特徴は、インターネットさえあれば世界中の誰に対しても安価かつ即座に送金できることがあり、支払いや送金に適した通貨といえます。
例えば、日本国内の銀行から米国にドルを送金したい時、通常手続きから着金まで1~3日程度かかるものですが、ビットコインの送金であれば10分程度で実現できます。

ビットコインと法定通貨の違いは

法定通貨はその国の中央銀行や政府が発行するのに対して、ビットコインは不特定多数の人が発行します。

ビットコインの発行作業はマイニング(採掘)と呼ばれ、
不特定多数のコンピューターに複雑な計算をさせて、
いち早く計算を解いたコンピューターが新規発行のビットコインを得る仕組みになっています。

そしてマイニングよって発行されるビットコインには、法定通貨とは異なり発行上限があります。

さらには1回のマイニングでの発行数も決まっており、4年に1度、発行数が半減するように設定されています。

これは短い期間の発行数急増によるインフレにより、ビットコインの価値が急落してしまう事態を避けるためです。

ビットコインと電子マネーの違い

大きな違いは、「発行元」と「交換性」です。

ビットコインは不特定多数の人が発行できますが、
SuicaやEdyといった電子マネーは、特定の企業・機関が消費者からデポジット(チャージ)されたお金(円など)を元に発行します。

「交換性」に関しては、
ビットコインが誰に対しても譲渡をしたり、他の通貨や現金に交換することができるのに対して、
基本的な電子マネーは利用者から発行元企業(もしくは加盟店)への一方通行でしか交換することができません。

つまり、電子マネーは閉じたシステム、ビットコインはオープンなシステムということができます。
「発行元が存在しない」「交換性が高い」という2点がビットコインの特徴であることがわかります。

ビットコインのメリット・デメリット

メリット
・送金が早く、安くできる
・海外での両替の必要がなくなる可能性があある
・自国通貨の金融危機の際のリスクヘッジ

デメリット
・価格変動が激しい
・国内での決済場所が少ない
・決済が滞るまたは承認されない可能性がある

それでは各メリット・デメリットの詳細を見ていきましょう。
ビットコイン利用者が増えるにつれて取引量が多くなり、取引の承認に多くの時間がかかっています。
これにより送金にかかる時間が長くなっています。

自国の金融危機の際のリスクヘッジ
中央機関(政府や銀行など)によって発行されている自国通貨が、
金融危機によりを価値がほとんどもたなくなってしまうとき、
ビットコインを持っていればリスクヘッジが可能です。

ビットコインは中央管理者がおらず世界中に散らばっているブロックチェーンとそのネットワークの参加者の信頼によって価値が生まれているので、自国の通貨がハイパーインフレになったとしても影響を受けることはほとんどないのです。

キプロス島で金融危機が起こった際に、資産の一部をビットコインに変えていた人は被害が少なかったという実例があります。

価格変動が激しい
ビットコインは外部要因や流動性の欠如による価格変動が激しいです。

価格変動が激しいので、ビットコイン購入時の価格の価値を持たなくなる可能性があります。

もっとも、この価格変動を利用して、株式投資・FXと同様に投資対象としている者もいます。
決済という面では価格変動はデメリットですが、投資的な側面からはメリットと捉えることもできます。

国内で決済可能な場所が少ない
国内でビットコイン決済ができる場所はまだ限られており、使う機会がないという事態が起こる可能性があります。

スケーラビリティの問題

ビットコイン使用者が多くなるにつれて、
ビットコインを支えるシステムが取引を承認するのに時間がかかったり、
承認できないといった問題が生じています。

これを解決する動きは見られているのですが、もし解決されなかったら上記の問題が顕在化してきてしまい、決済手段としてのビットコインにとって深刻な問題となるかもしれません。

法定通貨とビットコインの比較

法定通貨は、政府や銀行などの発行元(管理主体)への信頼によって価値が生まれます。

これに対して、ビットコインではブロックチェーン技術への信頼により価値が生まれています。

ビットコインと他の仮想通貨との比較

ビットコインは「送金が早く、安くできる」と説明しましたが、
これは法定通貨と比べた場合のメリットであって、
他の仮想通貨と比較したときはそうではありません。

すなわち、ビットコインは最初に誕生した仮想通貨であり、取扱量が増えた現在では、幾つかの問題点が指摘されております。

ビットコインと他の仮想通貨(イーサリアム,リップル)を比較してみました

ビットコイン イーサリアム リップル
発行上限 2100万BTC 不明 1000億XRP
管理主体 なし なし あり(Ripple Labs,Inc.)
目的 通貨 スマートコントラクト 送金

スマートコントラクトとは、取引(の契約)を人の手を介さずに自動で実行させる仕組みのことです。
自動販売機が良い例です(自動販売機では、お金をいれボタンを押せば、飲み物は自動的に提供されます。提供されるときに人の手は介していません)

イーサリアムの通貨は、Ether(イーサ)です。
イーサリアムとは、スマートコントラクトを活用したシステムのことを指します。
Etherは、ブロックチェーンのスマートコントラクトを機能させるための燃料としての役割を果たします。

最近ではEtherのことをイーサリアムと呼ぶことがあります。
ビットコインの取引の際に必要な手数料と同様の役割を果たしていると認識してください。

リップルの通貨は、XRP(エックスアールピー)です。
リップルとは、分散型台帳を用いた送金システムのことです。
そのシステム内で使用できる仮想通貨のことをXRPといいます。

最近ではXRPのことをリップルと読むことがあります。
XRPはブリッジ通貨と呼ばれており、異なる通貨同士の送金を手数料を少なく、素早く実現することができます。
ビットコインでは送金に約10分の時間を要しますが、XRPを使用すれば約3秒で送金が完了するのが特徴です。

ビットコインの入手方法

・マイニング(採掘)をする
・取引所で購入する
・OTC(Over The Counter)取引で入手
(OTCとは、取引所を介さずに、ビットコイン所持者が直接取引すること。店頭取引とも呼ばれる)
・ビットコインをもらう
・お小遣いサイトの報酬としてもらう

新規発行されるビットコインは金の採掘のようにマイニング(採掘)作業をすることによって得ることができます。
しかし、現在はマイナーと呼ばれるマイニング作業によって収益をあげるプレイヤーが多く存在するため、マイニング作業で報酬を得るには、高スペックかつ高額なコンピューターが必要で、一般人にはハードルが高い状態です。

最も簡単にビットコインを手に入れる方法は、取引所で購入することです。
取引所では24時間365日取引可能であり、好きなタイミングで、取引したい分のビットコインを売買することができます。

ビットコインは、国内の取引所で簡単に購入できます。

ビットコインがもらえるお小遣いサイトとしては、「ポイントタウン」がお勧めできます。
ポイントタウンでは、貯めたポイントをビットコインと交換することができます。

仮想通貨メルマガ

仮想通貨メルマガを配信しております。
是非、この仮想通貨メルマガにご登録ください。

このブログ作成の経緯(by hiro)

このブログは、元々hiroが仮想通貨について学び、それを皆様と共有しょうとして準備しておりました。
ところが、hiroはその学びの過程で加藤氏の「仮想通貨セミナー」に巡り逢いました。

そして、主催者である加藤氏の「仮想通貨セミナー」に感銘を受けました。

勿論、今でも仮想通貨に関する数多くの記事に触れ・学んでおりますが、hiroの仮想通貨に対するアプローチは「仮想通貨セミナー」に基づいております。

加藤氏の「仮想通貨セミナー」は、次世代起業家育成セミナーの一部ですが、無料で視聴できます。
これらの一連の動画を無料で公開している経緯を、加藤氏が動画において述べております。

ブログサークル

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報




健康と生活

サプリメントなどの健康情報とお小遣い稼ぎなどの生活情報を公開しております。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です