イーサリアムとはどんな仮想通貨でしょうか?

イーサリアムとは?

イーサリアムの概要

イーサリアム(Ethereum)とは、P2Pネットワーク上で分散アプリケーションを開発・実行するためのプラットフォームです。
分散アプリケーションとは、ネットワークでつながっている複数の端末間で通信しながらサービスを提供するプログラムです。

通常のwebサービスでは、そのサービスを提供する人や企業がサーバーなどの設備やシステムを管理する必要があります。
しかしイーサリアムでは「ブロックチェーン」という不正改ざん防止技術を利用して、
管理者がいなくても安全に動作するアプリケーションを作るための機能を提供しています。

仮想通貨としてのイーサリアム誕生の理由

イーサリアムプラットフォームの内部通貨
イーサリアムプラットフォーム上ではブロックチェーンを利用した内部通貨が使用されています。
この内部通貨はイーサー(ETH)といい、イーサリアム上でアプリケーションを動かす際の手数料として使うために開発されました。
イーサーはビットコインと同様に仮想通貨としての機能を持っており、仮想通貨取引所で購入できます。

機能性の高さにより仮想通貨として普及拡大

イーサーには「スマートコントラクト」という機能が備わっています。
これは、単に決済に使えるというだけでなく、契約条件をプログラムとして仮想通貨上に記録し、契約を自動的に実行できるという機能です。
単なる決済手段にとどまらない機能性の高さから、次世代の仮想通貨として大企業にも注目されています。

イーサーが仮想通貨として普及するにつれて、単に「イーサリアム」と言うと仮想通貨としてのイーサリアムを指すことが多くなってきました。
現在ではイーサリアムの時価総額は約 2兆3,500億円(2017年6月2日現在)で、仮想通貨の中ではビットコインに次いで第2位となっています。

イーサリアムについて知っておきたい3つの知識

スマートコントラクトを実現

仮想通貨としてのイーサリアムの大きな特徴は、
通貨を取引する際に契約内容を同時に保存・実行することができる「スマートコントラクト」という機能があることです。

従来の紙や電子ファイルを使った契約では、
契約書に書かれている内容が改ざんされたり、署名が偽造されたりといった問題が発生する可能性があります。
契約内容について争う場合、最終的には裁判や調停で決着をつけることになりますが、当事者双方に大きなコストがかかるのが難点でした。

しかしイーサリアムでは契約内容がネットワーク上のブロックチェーンに保存され、
偽造・改ざんが困難となるため、正しい契約内容の管理が容易になるというメリットがあります。
この点がビットコインよりもさらに優れた決済手段としてイーサリアムが期待されている大きな理由です。

大企業も続々とイーサリアムに参入

世界的な大企業も続々とイーサリアムを活用したビジネスに参入しています。
2015年にはマイクロソフトがイーサリアムと提携しました。
マイクロソフトのクラウドサービス「Azure」において、イーサリアムの機能を簡単に利用するためのインターフェイスを提供しています。

2017年2月にはマイクロソフト、JPモルガンチェースなどの大企業で構成される「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)」という企業連合が結成されました。

イーサリアムを活用した企業間取引の標準仕様策定など、イーサリアムの普及に向けた検討をおこなっています。
日本のトヨタ自動車や三菱UFJフィナンシャル・グループもEEAへの参加を発表しており、今後さらにイーサリアムの普及が加速しそうです。

イーサリアムクラシックとの関係が不安要素

イーサリアムとは別に「イーサリアムクラシック」という仮想通貨があります。
イーサリアムクラシックは、イーサリアムのハッキング事件をきっかけに誕生しました。

2016年、イーサリアムを利用したアプリケーションがハッキングされて50億円相当のイーサリアムが不正に取得されるという事件がありました。
その対応策として、イーサリアムの開発チームは「ハードフォーク」という手法で不正取得されたイーサリアムを無効化しました。
しかし、この対応は「特定の管理者をもたない」という仮想通貨のコンセプトに反するものであり、少数ですが反対する人たちもいました。

一部の取引所ではハードフォーク以前のイーサリアムも「イーサリアムクラシック」として取引可能です。
イーサリアムとイーサリアムクラシックの対立は、イーサリアム普及の不安要素となっています。

イーサリアムの入手・購入方法

イーサリアムの入手方法

1.仮想通貨の取引所で購入する
イーサリアムは多くの仮想通貨取引所で取り扱われています。
個人がイーサリアムを入手する方法としては、取引所で購入するのが最も一般的です。
日本語で取引できる日本国内の取引所を利用すれば、初心者でも簡単にイーサリアムを入手できます。

2.イーサリアムを持っている人からもらう
何らかの商品やサービスを提供し、その対価をイーサリアムで支払ってもらうという方法です。
イーサリアムを他人からもらうには、あらかじめ自分のイーサリアムを管理するための「ウォレット」と呼ばれる口座を作っておく必要があります。

3.マイニング(発掘)する
イーサリアムは他の仮想通貨と同様に、マイニング(発掘)することでも入手できます。
マイニングとは、パソコンと専用ソフトを使って仮想通貨の計算処理に協力することによって、報酬として仮想通貨を受け取る方法です。
高性能なパソコンや電気代が必要になりますので、一般的には個人がマイニングで稼ぐのは難しいとされています。

イーサリアムの購入方法

1.取引所でアカウント(口座)を作成する
イーサリアムを扱っている仮想通貨取引所のサイトを開き、自分のアカウントを作成します。
アカウント作成はメールアドレスの登録のみで完了する取引所が多いです。

2.取引所に入金する
イーサリアムを購入するための資金として、取引所に日本円を入金します。
入金方法は取引所によって異なりますが、国内の取引所であれば銀行振込やコンビニATMからの入金が一般的です。

3.取引数量を指定して購入する
入金が終わったら、取引所のイーサリアム購入画面で希望する数量を入力して購入します。
購入数量とその時点のレートに応じて、自分の口座から資金が支払われてイーサリアムが増加します。
売却も同じ要領で、取引所で売却数量を入力するだけで簡単に実行できます。

イーサリアムの取引所を比較

購入・送金手数料が無料の「BITPoint」
イーサリアムなどの仮想通貨を取引所で購入する場合、0.1~0.4%程度の購入手数料がかかることが多いです。
また取引所に預けている仮想通貨を別の口座に送金する場合、通常は150円程度の送金手数料がかかります。
BITPointは購入手数料や送金手数料が無料となっており、仮想通貨の購入や送金を頻繁におこなう人に合っている取引所です。

BITPointは2016年3月に設立された比較的新しい取引所ですので、資産を預けることに不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかしBITPointでは顧客からの預かり資産を信託保全によって保護し、万が一倒産しても顧客へ資産が返還されるようになっていますので安心です。

 

ビットコイン・イーサリアムなど仮想通貨の口座開設ならBITPoint

ビットコインやイーサリアムを始めとする仮想通貨の口座開設ならビットポイント/BITPointへ。仮想通貨の販売所兼取引所の運営によって「新しいお金のあり方」を提案・創造していきます。

イーサリアムのチャート推移

イーサリアムは2015年7月にリリースされ、当初は100円~300円程度で推移していました。
その後徐々に値上がりし、2016年3月には1000円以上へ。
その後2017年2月までは1000円台で推移していましたが、3月以降に急速に値上がりして6月にはなんと4万円以上になりました。
その後は激しい値下がりと一時的な上昇を繰り返し、2017年7月末現在では2万1,000円~2万3,000円前後となっています。

最高値と比較するとかなり値下がりしていますが、イーサリアムは今後も激しい値動きが予想されます。
イーサリアムへの投資はあくまで余剰資金の範囲内ですることが大切です。

仮想通貨メルマガ

仮想通貨メルマガを配信しております。
是非、この仮想通貨メルマガにご登録ください。

このブログ作成の経緯(by hiro)

このブログは、元々hiroが仮想通貨について学び、それを皆様と共有しょうとして準備しておりました。
ところが、hiroはその学びの過程で加藤氏の「仮想通貨セミナー」に巡り逢いました。

そして、主催者である加藤氏の「仮想通貨セミナー」に感銘を受けました。

勿論、今でも仮想通貨に関する数多くの記事に触れ・学んでおりますが、hiroの仮想通貨に対するアプローチは「仮想通貨セミナー」に基づいております。

加藤氏の「仮想通貨セミナー」は、次世代起業家育成セミナーの一部ですが、無料で視聴できます。
これらの一連の動画を無料で公開している経緯を、加藤氏が動画において述べております。

ブログサークル

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報




健康と生活

サプリメントなどの健康情報とお小遣い稼ぎなどの生活情報を公開しております。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です