ICOとは何でしょうか?

仮想通貨について調べていると、「ICO」というワードを目にいたします。

この記事は、仮想通貨を取り扱う上で知っておくべき「ICO」について記載いたします。

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは?

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは、企業がプロジェクトを遂行するために仮想通貨を使用しておこなう資金調達のことです。

Initial(イニシャル)・・・最初の、初期段階
Coin(コイン)・・・硬化、通貨、コイン
Offering(オファリング)・・・募集、売り出し

日本語では「新規仮想通貨公開」とも言われますが、
簡単にいうと「仮想通貨で、事業を立ち上げる際のお金を集める仕組み」です。

「クラウドセール」「トークンセール」「トークンオークション」などという言葉が使われることもあります。

ICOのモデルを図にいたします。

つまり、
ICOとは企業がトークンと呼ばれる仮想通貨(トークン)を独自で発行し、
そのトークンを個人に購入してもらうことで資金を調達する仕組みです。

トークン・・・出資者が仮想通貨を出資した証としてもらえる株券のようなもの。

出資した現金や仮想通貨とは別の「独自の仮想通貨」となります。
これは、主催者側のサービスやプロダクトが完成した「後に」使用できる電子証券のようなものです。
上場後の取引額が購入時より上がっていれば差額が利益になるわけです。

ICOの目的や種類

主催者側は何のためにICOを行って、仮想通貨を調達するのでしょうか?

ICOの目的は、具体的には、大きく3つ存在します。
1「資金調達を目的としたICO」
2「通貨として普及し価値を持つことを目的としたICO」
3「お金儲けの仕組みを作ることを目的としたICO」

2については、ICOを行うことによって、通貨価値が高まるケースがあります。
このケースが存在することから、仮想通貨のトレーダーはICO情報に敏感です。

3についてはグレーなものが多く、現状、詐欺まがいのものが多いので、見つけても手を出さないことをお勧めします。

ICOの最大の目的は、1の「資金調達を目的としたICO」です。
仮想通貨を介したICOをおこなうことによって、よりスマートな資金調達が可能になりました。
従来、未上場企業がお金を集める際には、銀行やベンチャーキャピタルに対して、ビジョンなどを詳しくする必要があり、多くの労力と手間がかかっておりました。
ところが、ICOによる資金調達はとてもスマートに行うことができます。

ICOと従来の資金調達の仕組み(IPO)の違い

従来のIPOでは証券会社を介するため資金調達に時間が掛かかります。

お金を集める仕組みとして一般的なのは、企業が上場して株式を発行するIPOです。

ICOとIPOはどのように違うのでしょうか?

新規株式公開(IPO)は「不特定多数の人間からお金を募る」という仕組みである点で、ICOと似ています。
しかし、ICOは未上場企業でも第三者を介さずに巨額の資金を世界中から、短期間の間に集めることが可能なのです。
また、ICOにはIPOのような株主優待や議決権などの権利がありません。

ICOとクラウドファンディングの違い

インターネット上で素早く簡単にお金を集めれる「クラウドファンディング」というサービスがあります。
ICOは、これとどう違うのでしょうか?

1. 主催者側が独自で発行している仮想通貨(トークン)が、「出資を募ることで完成したサービスやプロダクト」として利用できます。
2. 仮想通貨(トークン)自体が、売買できる仮想通貨となることです。

クラウドファンディングは、リターンを主催者側が自由に決めることができますが、プロジェクトが終われば、出資に対するリターンは1度きりです。
ICOでは、仮想通貨で出資し、株式でいう証券であるトークンを保有することができるので、継続的に利益、あるいはメリットを享受することができます。

しかし、ICOはリターンまでの期間が長く、調達資金の持逃げの可能性があり、クラウドファンディングに近いような認識を持たれているのが実情です。

ICOのメリット

ICOする側のメリット

1. 資金調達に対する返済の必要がない
2. 証券会社などと資金調達における仲介の手続きしなくても良い
3. 場所空間にとらわれない
(インターネット上だけで、国をまたいでの資金調達が可能)

前述した通り、仮想通貨(ブロック・チェーン)と言うテクノロジーの発展によって、信頼を獲得する時間を短縮することができます。

投資する側のメリット

1. ICOする側が発行した仮想通貨(トークン)を通貨として使用することができます
2. サービスやプロダクトが成功すれば、トークンの大きな売却益を得ることができます
3. 株主優待のようなメリットをサービスによっては享受できます

投資した人はサービスや製品をトークンを使って購入できたり、トークンが市場で流通した段階で上場先の仮想通貨取引所などで換金できるようになるメリットがあります。
したがって、先行者利益は、大きいです。

ICOのデメリット

ICOする側のデメリット

ICOする側のデメリットは、端的に「難しい」という点です。
ICOを成功させるには、例えば以下のような条件が必要になります。

仮想通貨取引所に認可される
人気の出る仮想通貨を打ち出さないといけない
サービス時代も魅力的である必要がある

すなわち、現状でICOの仕組みを使って資金調達を行うのは大変むずかしいですから、
その行為自体が、結果的に詐欺行為となることも多いのです。

投資する側のデメリット

1. 資金を持ち逃げされるリスクがある(自己責任)
2. システムエラーによる取引の中断・プロジェクトの中断
3. 確実に信頼できる情報を得るのが難しい
4. 数多ある条件をクリアしないと旨味が得られない

まず、プロジェクトが確実に成功するとは言い切れません。

すなわち、主催者側の成功条件5つ:
① ICOにおける目標資金達成
② 仮想通貨取引所に上場
③ ICO価格割れ
④ 製品が完成しない
⑤ 通貨が流通しない
をクリアしないと、利益を獲得することはできません。

ICOとは? まとめ

証券会社や銀行、ベンチャーキャピタルに頼らず、クラウドファンディングのように資金を調達できるICOは魅力的です。
しかし、まだまだ問題点がたくさんあるのが実情です。
(詐欺案件もたくさんありますし、法整備も完全ではありません)

それでも、いずれは資金調達はIPOからICOに移り変わっていくと予想されます。
何年先になるかはわかりませんが、作りたいプロジェクトやサービスを仮想通貨を用いて、迅速に実現できる世界が登場するかもしれません。
 

仮想通貨メルマガ

仮想通貨メルマガを配信しております。
是非、この仮想通貨メルマガにご登録ください。

このブログ作成の経緯(by hiro)

このブログは、元々hiroが仮想通貨について学び、それを皆様と共有しょうとして準備しておりました。
ところが、hiroはその学びの過程で加藤氏の「仮想通貨セミナー」に巡り逢いました。

そして、主催者である加藤氏の「仮想通貨セミナー」に感銘を受けました。

勿論、今でも仮想通貨に関する数多くの記事に触れ・学んでおりますが、hiroの仮想通貨に対するアプローチは「仮想通貨セミナー」に基づいております。

加藤氏の「仮想通貨セミナー」は、次世代起業家育成セミナーの一部ですが、無料で視聴できます。
これらの一連の動画を無料で公開している経緯を、加藤氏が動画において述べております。

ブログサークル

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報




健康と生活

サプリメントなどの健康情報とお小遣い稼ぎなどの生活情報を公開しております。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です