Bitcoin cash(ビットコインキャッシュ)とは
Bitcoin cashのレートは?最新チャート分析!相場から見る価格推移
Bitcoin cashの問題と将来性は?コインオタクの見解
Bitcoin cashの仕組み
Bitcoin cashのメリット
Bitcoin cashのデメリット
【Bitcoin cashの入手方法】おすすめの取引所3選
【Bitcoin cashの保管方法】おすすめウォレット
Bitcoin cashについての気になるQ&A
Bitcoin cashまとめ

ビットコインキャッシュ(Bitcoin cash)とは

ビットコインキャッシュとは、去年の8月にビットコインのハードフォークでできた通貨でです。
ビットコインよりも1つのブロックサイズを大きくすることで、スケーラビリティ問題を解決しようとした通貨です。
ブロックチェーンの分裂で生まれ、当時のビットコインと同じ量発行されました。

参照記事

ビットコインのハードフォークがなぜ起こるか?

仮想通貨市場全体を揺るがすビットコインのハードフォーク。
どうして起きるのでしょうか?
大荒れの相場でリスクを軽減する方法とは?
今回はハードフォークの対処法、仕組みや過程についてくわしく説明します!

ビットコインキャッシュのチャートは、はじめは暴落するところから始まります。
これはマイニングの難易度が高すぎて、マイニングが10分単位で行われず、取引が満足に行えなかったことが原因です。
通貨として使えないとみなされました。

その後、マイニングの難易度が調整され、取引が普通に行われるようになったことにより、価格の暴騰が起こりました。
そしてマイナーたちが掘っては売ってを繰り返し、徐々に値段が下がっていたと考えられます。
現状は三万円前後で安定しているようです。

ビットコインのマイニングとは?
最近巷でよく聞くマイニング、これで儲けている人がいるそうだけど、実際どうすればいいのか全然わからない。
まず、マイニングとはなんぞやというところから、解説いたします。

ビットコインキャッシュの問題と将来性

セキュリティの問題

ビットコインキャッシュはビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために作られたコインです。
ゆくゆくはビットコインに代わるものになる可能性もありますが、そうなるためにはビットコインのようなハッシュパワーが必要です。
現状そこまでのハッシュパワーはありませんが、今後のマイナーたちの動向によってはビットコインに代わる存在になる可能性はあります。

ビットコインの数が増えたとも考えられる

何もないところから、突然ビットコインキャッシュというものがビットコインから分裂しました。
このように、今後もハードフォークを繰り返し、ビットコインの分裂を繰り返せば、延々と通貨を発行できます。
そして、それに価値がつくならば、既存の法定通貨と変わらず発行制限がないのと同様です。
これは市場の成長とも捉えられますので、一概には悪いこととはいえませんが…

大手マイナーの一言で価格が大きくかわる

ビットコインキャッシュはマイナーが主導となって作られた通貨です。
そしてはじめは、ビットコインキャッシュはマイニングの難易度が高すぎて、マイナーの利益が見込まれず、マイニングが全然行われませんでした。
マイニングの難易度がさがって、大手マイニングプールがマイニングすることで価格があがりました。
つまり、大手マイナーがビットコインか、ビットコインキャッシュのどちらをマイニングするか宣言することによって通貨の価格を操作することができます。
そういう意味ではかなり中央集権的なコインといえるでしょう。

ビットコインに代わる可能性もある

ビットコインより優れている点として、ブロックサイズだけでなく、リプレイアタックへの耐性があるという点があります。
現状のビットコインではリプレイアタックへの耐性がなく、これからも起こるであろうハードフォークに対して、毎回怯えながらビットコインを持つことになります。

そのため、11月に起こると言われているsegwit2xの分裂時にそのようなリプレイアタックが起こりビットコインが脆弱性を露呈させれば、
ビットコインキャッシュはビットコインに代わる存在になるかもしれません。

ビットコインキャッシュの仕組み

ビットコインキャッシュ(BCH)の概要
仮想通貨名 ビットコインキャッシュ
トークン名 BCH,BCC
取引開始日 2017年8月1日
アルゴリズム SHA256(segwit未実装)
承認アルゴリズム Proof of Work
発行上限 21,000,000 BCH
ブロック生成速度 約10分

ビットコインとの違い

・ブロックサイズ
ビットコインのスケーラビリティ問題を解消するために作られたもので、ブロックサイズが8MBになっています。
そのかわり、1つ1つのトランザクションの大きさはsegwitが導入されていないので、ビットコインよりも大きいです。

・リプレイアタックなどの攻撃への耐性
まずはそもそもリプレイアタックとは何かを説明します。

ビットコインキャッシュで考えると、ビットコインキャッシュに対応している取引所Aと対応していない取引所Bにおいて、
Bに3BTCを保管しているとして、Aにそのうち1BTCをうつすと、
ビットコインキャッシュの仕組み上、Aには1BTCと、1BCHが生まれます。

そのBTCをBに戻すと、AにはただでBCHが生まれたことになります。
これを無限に繰り返すことで、Aには無限にBCHを増やせることになります。
これがリプレイアタックです。
ビットコインキャッシュには、このリプレイアタックがおこらないような仕組みが導入されています。

リプレイアタックの対策と危険性
リプレイアタックは、ビットコインなどの仮想通貨のハードフォークの際によく話題になるものです。
これはどういう仕組みでどのような危険があるのでしょうか?
実際に採用されている対策、自分でできる対策までコインオタクが徹底的に解説します!

・マイニング難易度調整
ビットコインキャッシュは、マイニングによって特定の期間にブロックが一定数以上見つからないと、自動で難易度が調整されます。
この機能により最初は採掘効率が悪かったビットコインキャッシュも、徐々にビットコインよりも採掘効率がよくなり、
多くのマイナーたちがマイニングするようになりました。

ビットコインキャッシュのメリット

スケーラビリティ問題の解消
当然ビットコインで最も問題視されていたスケーラビリティの問題については、ブロックサイズを大きくすることで解消されました。
ですが現状最大でも1MB以上のブロックはできておらず、宝の持ち腐れ状態になっています。
しかし、今後ビットコインキャッシュの流通量が多くなれば、8MBの意味が出てきます。

流動性が大きい
ビットコインのブロックチェーンから分裂して生まれたので、最初からビットコインと同じだけのビットコインキャッシュが流通しています。
そのため、流動性が大きく、決済には向いています。(決済手段として様々なお店で受け入れられればですが、、、)

ビットコインキャッシュのデメリット

マイニングのセキュリティがまだまだ
分裂直後に比べれば、マイ二ングハッシュレートはかなり上がったものの、まだまだビットコインのマイニングハッシュレートには及ばず、
ビットコインに代わる存在には遠いです。

ノードを立てるインセンティブがない
現状のビットコインでは、まだビットコインのブロックチェーンをダウンロードし、フルノードになるのに、データ容量的にも普通のPCで可能です。
その為、マイナー以外もフルノードの人は存在します。
しかし、ビットコインキャッシュでは、ブロックサイズを8MBにすることにより、ブロックチェーンのデータ容量が大きくなり、フルノードになるには、高スペックのPCでなくてはならなくなってしまいます。
そのため、マイナー以外の人がフルノードになるインセンティブがなく、マイナーによる中央集権的な通貨になってしまう可能性があります。

ビットコインキャッシュまとめ

ビットコインキャッシュは、大手マイナーが中心となって、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために作られたコインです。
解決策の一つとしてはかなり評価できます。

ハッシュレートの問題などもありまだビットコインの代わりになるとは考えにくいですが、
2017年の11月に行われる予定のsegwit2xの分裂時にビットコインに何らかの問題が生じた時には
本当にビットコインに代わる存在になるかもしれません。

そのためには、結局大手マイナーたちが何をマイニングするかによるので、マイナーに依存しているという点は懸念点だと思います。
また、投資対象として見る分には、ビットコインの価格変動の影響を受けやすいので、ビットコインキャッシュ自体の価格変動が読みづらく、おすすめしません。




健康と生活

サプリメントなどの健康情報とお小遣い稼ぎなどの生活情報を公開しております。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です